がん保険の保険金と保険料をチェックしよう〜見直しどきかも?〜

現状を尊重

保険を見直すタイミングは、種々の時に訪れるでしょう。
このサイトでもお話していますが、ライフステージとの関係は、非常に密接のように思います。
たとえば、結婚であったり、あるいは、定年退職などです。
それまでの生活が一変する可能性があることは否めないことです。
けれども、仮に、がん保険などに加入し、見直しをしようかな、と思ったら、少々立ち止まった方が適切かもしれません。
少し保守的かもしれませんが、見直しの際には、現状の保険を尊重するのが、大事であるといわれています。
理由の一つに、それまで築いて来たものがあり、それを大切にすべきということです。
たとえば、積み立て式であれば、保険料の一部が貯蓄のようになります。
それまでコツコツためたお金があり、それをその時点で変えてしまうことになります。
ある意味、努力を水泡に帰す可能性があります。
もちろん、がん保険でも、掛け捨てや積立があり、一概にどちらかのことで、説明はできないことでしょう。
けれども、たとえ積立でなかったとしても、それまでの保障内容などをあり、それを変えてしまうことにもなりません。
要するには、我慢してきたことを無駄にしないようにすることです。
これを別に返せば、加入する時に十分考えたのちに、正式な契約をすべきということです。
がん保険のみならず、保険はもしもの際の備えであり、将来の可能性に対し、今の時点で加入を決めることになります。
わからないことを想定しながらのことになりますが、それでも、きちんと将来を見据えた加入が大事になるのでしょう。
Copyright (C)2018がん保険の保険金と保険料をチェックしよう〜見直しどきかも?〜.All rights reserved.
Search