がん保険の保険金と保険料をチェックしよう〜見直しどきかも?〜

がん保険の基本的なこと

保険には、2つの種類があります。
一つは、生命保険であり、もう一つが損害保険です。
前者は死亡保険、後者は自動車保険などが代表的です。
しかし、保険業法改正により、それらの中間的な保険が認められるようになりました。
それが、第三分野保険となっています。
第三分野保険の代表的なものは、医療保険や介護保険となっています。
誰かに傷つけられたという訳でもないですが、命にも関わるような病気や障害などになり、それこそ、生命保険と損害保険の中間と言えるのでしょう。
がん保険は、医療保険の一部でもあるため、第三分野保険となっています。
比較的新しいものとなっていますが、実際は、1980年代頃に外資系企業が、がん保険の原型のようなものを販売しています。
今のように当たり前の保険となるには、規制緩和措置まで待たなければいけないようでした。
そんながん保険は、その名の通り、がんに特化された保険です。
医療保険でもあるので、入院保障を基本としていますが、がんという病気の特徴から一部の治療費も保障対象となっています。
もともと健康保険の対象外であり、全額自己負担となることも、大きく影響しているようです。
それは、先進医療を受診した場合であり、がんがまだまだ未解明な病気でもあり、研究段階の先端治療を受けられるということです。
なお、がん保険も、当然、保険である以上、保険の基本的な仕組みに基づかれています。
すなわち、相互扶助の考え方に従い、集めた保険料を利用し、保険金が支払われます。
もっとも、現実的には、それでは保険金を賄えないこともあるため、保険会社が運用の一環として、投資などを行ってもいます。
Copyright (C)2018がん保険の保険金と保険料をチェックしよう〜見直しどきかも?〜.All rights reserved.
Search